2017年2月1日水曜日

ケトンと乳酸塩は癌細胞を幹細胞化し、再発、転移を促進する


ケトン食(低炭水化物ダイエット、糖質制限)は、癌を育てるようだ。遺伝子解析によって、ケトンと乳酸塩は癌細胞の成長を促進し、幹細胞化して、癌の再発や転移を促進することが分かった。癌細胞が乳酸塩やケトンを利用するのは一般的な現象であり、それ故、乳酸塩やケトンは、まざまな癌の予後を悪くする。乳酸塩かケトンを補充するとコロニーの直径が25%、細胞数は2-3倍になる。やはり、タンパク質は総摂取カロリーの20%以下にして脂質も控えた方が良さそうだ。癌になれば、食事療法ではなく、抗癌剤を使わないといけない。

Ketones and lactate increase cancer cell “stemness,” driving recurrence, metastasis and poor clinical outcome in breast cancer

これは2011年のCell Cycleのオープンアクセスの論文。タイトルは「ケトンと乳酸塩が癌細胞を幹細胞化し、再発、転移を促進するので、乳癌の患者では予後が悪くなる」だろう。著者達は幹細胞化を遺伝子解析で証明している。著作権に触れないように抜粋適当訳する。

我々は、乳酸塩やケトンという高エネルギー生成物が異種移植モデルで、腫瘍の成長を促進することを示してきた。このことは逆ワールブルグ効果を支持する根拠でもある。本研究では乳癌の細胞MCF7を異種移植し、乳酸塩やケトンが腫瘍の成長を促進することを示す。

(ゴチック体の所を中心に、補足しながら)

乳酸塩とケトンはMCF7細胞の遺伝子の転写を変化させる。それらは、幹細胞性に関連した転写プロファイルを誘導する。つまり、乳酸塩とケトンに誘導された遺伝子は、幹細胞性があり、DNA損傷が減少して、乳癌と密接に関係していた。

また、乳酸塩やケトンに誘導された遺伝子は、乳癌と関連し、予後が不良であることを予測した。その遺伝子は、乳癌(luminal A、増殖の遅いタイプ)の再発、転移、総生存率の低下を予測した。

遺伝子の量的な分析の結果、癌細胞が乳酸塩やケトンを利用するのは一般的な現象で、癌細胞の攻撃性が顕著となり、それ故、人間のさまざまな癌の予後が悪くなるようだ。乳酸塩とケトンは本当にES細胞の成長を促進する。乳酸塩かケトンを補充するとコロニーの直径が25%、細胞数は2-3倍になる。

癌幹細胞のアキレス腱は乳酸塩とケトンをミトコンドリアでの酸素代謝の燃料として利用することだろう。

メトホルミン(抗癌剤)は、ミトコンドリアの新陳代謝を妨げて、癌細胞にワールブルグ効果(好気性解糖)を引き起こす。それで、メトホルミンはミトコンドリアに対する弱い毒として働き、癌幹細胞を殺す。好気性解糖を導入することは、癌の原因ではなく、癌の治療であるかもしれない。


ワールブルグ効果


癌細胞や他の細胞が分裂して成長する時、ブドウ糖摂取量が大きく増加し、酸素が十分にあっても、ブドウ糖を発酵して乳酸を作るようになる。これをワールブルグ効果という。ATPを生産するのに、好気性解糖によるATP生産は、ミトコンドリアの呼吸より非効率であるが、ミトコンドリアでブドウ糖を完全に酸化するより10-100倍速いという。一方、ミトコンドリアがATPなどの生産の中心なので、ワールブルグ効果が生合成を促進するはずはない。90年以上、研究されてきたが、ワールブルグ効果では癌発生や増殖を説明できない。


逆ワールブルグ効果(Reverse Warburg Effect)


最近、Lisantiらによって提案された。このモデルでは癌に伴う繊維芽細胞が自食作用とミトコンドリア分解で好気性解糖を行い、線維芽細胞で高エネルギーの代謝物を作り、癌の上皮細胞に渡される。

この図はWarburg effect or reverse Warburg effect? から引用


The Warburg Effect: How Does it Benefit Cancer Cells? 

2016年のCellのレビューがオープンアクセスだった。著作権に触れないように抜粋して適当翻訳した。

1920年、Otto Warburgらが腫瘍が大量のブドウ糖を消費していることを発見した。さらに酸素があっても、それを使わず、ブドウ糖を発酵して乳酸を作った。これを好気性解糖aerobic glycolysisと呼んだ。それで、腫瘍を殺すには酸素とブドウ糖を排除すると良いと考えた。後にWarburgはミトコンドリアの異常が癌の原因であると推論した。そこで、発癌の原因として、好気性解糖とミトコンドリア代謝が研究されるようになった。

ATPを生産するのに、好気性解糖はミトコンドリアの呼吸より非効率であるが、ミトコンドリアでブドウ糖を完全に酸化するより10-100倍速い。これはエネルギー源が限られる時には進化的に有利に働く。これがワールブルグ効果の合理的根拠の一つになる。

ワールブルグ効果は無秩序な細胞増殖に必要な生合成を得るための適応メカニズムとして提案されてきた。増殖する細胞はNADPHという形の物質を大量に必要とする。ワールブルグ効果について、ある仮説では、NADPHからNAD+を再生産するという。もう一つの仮説では好気性解糖は生合成のトレイドオフであるという。好気性解糖と細胞の成長や増殖は相関があるので、これらの仮説は魅力的である。

しかし、難点がある。好気性解糖の時、ほとんどの炭素は乳酸になる。それで、ブドウ糖の一つの分子は二つの乳酸分子になるだけで、NAD+やNADHは増えない。さらに、ミトコンドリアがATPなどの生産の中心なので、ワールブルグ効果が生合成を促進するとは思えない。

ブドウ糖を乳酸に変換すると、細胞の環境中のpHが下がり、酸性になるので、癌の成長には好都合の環境になる。つまり、ワールブルグ効果は、癌を促進するが、それは発癌の初期や傷害時のみに働く。

我々は、ワールブルク効果に腫瘍細胞に直接的に信号を送る機能があると考える。しかし、好気性解糖が癌細胞とって全体的に有利な環境になるので、特別な経路を想定することが難しく、また、検証も困難である。

ワールブルク効果に関する研究が多く行われたので、腫瘍の増殖に関する知識は増えたが、残念ながら、癌発生に関してはほとんど分かっていない。




2017年1月20日金曜日

癌の食事療法 Cancer Diet

Cancer Diet, 翻訳すると癌の食事療法かな。ドイツ語の文献もあったが、読みにくいし、オープンアクセスではなかった。これはやはりドイツの研究者による英文のオープンアクセスのシステマテック・レビューである。たぶん、同じ内容だろう。人気のある13の癌の食事療法のレビュー。これは補完代替医療(Complementary and alternative medicine)でもある。

部分的に抜粋して翻訳(意訳)する。全部、きちんと翻訳すると著作権に触れるため。

出典はここ:
Counseling Patients on Cancer Diets: A of the Literature and Recommendations for Clinical Practice


国際的なデータでは補完代替医療を受ける人は50%くらい。婦人科癌の患者の75%は特別な食事療法(ダイエット)をしているか、サプリメントを使うか、その両方らしい。

MedlineやGoogleて゛検索し、専門家10人が重要と抽出した研究 Table1 






ゲルソン療法 リンク先に説明有り。生の肝臓エキスなどを摂り、新陳代謝を高めるダイエットという。 ただ、癌が治るという科学的データはない。Hildernbrandtらは黒色腫患者の生存率を後ろ向き法で統制群と比較したが、黒色腫のステージに無頓着な統制群だったので何も結論は得られない。その後もゲルソン療法の効果を証明する研究はない。

ゴンザレス療法 リンク先に説明あり。ゲルソン療法に類似、1999年に提案された。膵臓酵素を使う方法。2010年にゴンザレス療法によるか抗がん剤のゲムシタビンによるかを患者に選択させた研究によると、生存期間の中央値は、ゴンザレス療法で4.3ヶ月、抗がん剤では14ヶ月だった。

ローカーボとケトン食 炭水化物は総エネルギー摂取量の10%程度。2011年にSchmidtらが論文発表した。炭水化物摂取は最大で70g/日。8週間で患者二人が死亡、3人は食事療法を拒否、3人は癌が進行。著者は末期癌患者だったという。副作用は疲労と便秘。いくつか研究があるが、食事療法前の臨床データが曖昧である。この食事療法には注意が必要である。試験管内や生体内実験では、癌細胞がその状況に適応し、突然変異して、幹細胞のようになる。マウスでは食事療法を行った実験群で最初に癌の成長が遅くなるが、その後、成長速度が増し、統制群よりも増長する。他の実験によると、癌の成長が小さくなるのは、体重が減るからで、食事療法とは関係なかった。

マクロビ これは日本発の方法。膵臓癌患者23名の後ろ向き研究がある。生存期間は13ヶ月程度だった。しかし一般的な生存期間は3ヶ月なので、データにバイアスがある。これは早期に死亡した患者がデータから削除されたと考えられている。その後、専門家はこの食事療法の利点を見いだせない。

ベーガン(菜食) 2005年にOrnishらの行ったランダム化した前立腺癌患者93人の研究がある。ただ、食事以外にエアロビクスやストレスマネジメントなども取り入れていて、菜食の効果を分離できないので、何の結論も得られない。

癌の食事療法では体重の減少や微少元素の不足になりがちである。---体重が減少すると、癌の成長も遅れるので、食事療法が効くと勘違いするのだろう。

患者が癌の食事療法にのみ頼ると、それによって癌の治療が遅れることが問題である。

患者と医師のコミュニケーションが悪いと、患者は補完代替療法に向かいがちのようだ。食事療法と補完代替医療とは同じ状況にある。

患者は癌を直接叩き、副作用のない方法を希望している。そこで、免疫システムを増強して癌を叩くという説明が、患者には分かりやすい。...そこで、このような患者に対してエビデンスではなく、心理的な事柄を考慮にいれて接する必要がある。

---ということですよ。

ビタミンCの大量投与



ビタミンCの大量投与とかケトン食で癌を殺すとか、最近、聞くので、ちょっと調べて見た。検索すると、アメリカの国立癌センターの患者向けのレビューがあった。日本語で要約しつつ引用しておく。効果が不明で、アメリカでは承認されていない。

出所は、High-Dose Vitamin C (PDQ®)–Patient Version


1.ビタミンCの大量投与は静脈からの点滴と経口投与による。経口投与だと癌に少ししか到達しない。

2. 研究は70年代からスタート、ポーリング博士が有名。当時は癌がビタミンC欠乏による結合組織の病気と信じられていた。

3. 実験室での研究では、ビタミンCの大量投与で前立腺癌、膵臓癌、肝臓癌、腸癌などの癌細胞の広がりを防いだり、遅くする。

4.動物実験での研究では、ビタミンCの大量を放射線療法や化学療法に併用すると効果があがる場合と、化学療法の効果を損ねる場合がある。

5.人間での研究
 1)乳癌の患者に静脈からビタミンCを大量投与した場合、統制群の患者と比較して生活の質が上昇した。
 2)回復不能の癌患者にビタミンCを大量に経口投与したところ、生活の質が向上した。
 3)ボランティアと癌患者にビタミンCを大量投与して1.5g / kgまでは安全だと分かった。---私なら一日120gにもなる。
 4)14名の膵臓癌患者にビタミンCを点滴で大量投与した場合、ほとんど副作用がなく、癌患者9名の状態は安定していた。
 5) 9名の膵臓癌患者に化学療法にビタミンCを点滴で大量投与した場合、1カ月の間症状が進行しなかった。
 6 )27名の卵巣癌患者で化学療法単独と化学療法とビタミンCの点滴による大量投与を組み合わせた場合、ビタミンCを投与されたグループの化学療法の副作用が少なかった。
 7)急性の骨髄性白血病、腸癌、転移性黒色腫の場合、ビタミンCと化学療法の併用は重大な副作用を起こし、病状が悪化した。

6.ビタミンCのリスクファクターは腎機能障害。腎臓病の既往症のある患者には適用できない。また遺伝病のG-6-PD患者も溶血の危険がある。

7. ビタミンCの大量投与と化学療法の交互作用はあまり研究されていない。Bortezombiという抗癌剤が効かなくなることが分かっている。

8.US Food と FDAはビタミンCの大量投与を癌治療や他のいかなる治療方法としても承認しない。

2017年1月17日火曜日

MMPI-1/MINI/MINI-124ハンドブックの修正終了

MMPI-1/MINI/MINI-124ハンドブックの修正終了。筑摩書房から刊行予定。

ソフトウェアの改訂はこれからです。

The revision of MMPI-1/MINI/MINI-124 handbook was done This will be published soon by Chikuma Publishing Co. The software will be revised soon.

 

2016年12月10日土曜日

主要5因子性格検査ハンドブック改訂版」の修正終了


「主要5因子性格検査ハンドブック改訂版」の原稿の修正を終了。一カ月程度で筑摩書房から出版される予定。専門書なので、電子本とオンデマンドの印刷本という少部数出版になる。

I have done the revision of the handbook of BigFive personality inventory, which will be published by Chikuma Pub.Co. in around 1 month. It is written for professional test users. Therefore it will appear as a digital book and on-demand printed book.







2016年12月6日火曜日

TeXstudioの設定

TeXsudioを導入したが、初期設定が分からない。ネット上の信頼できる情報TeXWikiを見習って設定しても上手く動作しない。そこで虱潰しにネットを調べで、動作するようにした。困る人も多いはずなので、緊急的にブログに記録しておく。記録しておかないとすぐに忘れることもある。まだ、触り始めて3日目なので、初期設定は変更するかもしれない。

ここでは必要な最低限のコマンドの変更を記録しておく。なお、筆者のPCはWindows 7である。


1. エディタ

初期設定では日本語ではないので、フォントエンコーディングをShift_JISにする。また、デフォルトは文法チェックをするので、原稿が真っ赤になる。それで、インラインのチェックを外す。これは簡単。





2. 詳細なエディタ設定


文法エラーがあると、エディタが止まってしまい、何が原因かわからなかった。時間を浪費するので、非常に困った。これはネットで調べてやっと解決した。

エディタの標準出力に表示の所を

(/dev/nulへリダイレクトされていないなら)常にする 

を選択する。デフォルトではnul(無)に送られるので、プロセスが表示されない。ここを「常にする」にすれば、コンパイルプロセスが表示されるし、エラーがあると、どこで止まるか分かる。そこを見て修正すればよい。エディタの行番号は表示させておく方が便利なようだ。






3. コンパイラの設定

latex.exe -->platex.exeとしないとjbookなどを使ったソースがコンパイルできない。この場合はビルドで、DVI->PDFチェーンとし、コンパイラはLaTeX、ビューアはPDFビューアとすればよい。

私の例

platex.exe -synctex=1-interaction=nonstopmode %.tex

ただ、DVIファイルを作成し、それをPDFに変換しているようで、時間がかかる。したがって、設定はしたが、使わない。


PdfLaTeXの設定が分からなかった。ネットで調べると、単に

pdfplatex.bat %.tex

とするだけでよい。この場合、ビルドをコンパイル&表示、コンパイラをPdfLaTeXとする。ビューアはPDFビューアでよい。この方がコンパイル速度が上がるようだ。

索引作りは日本語対応のmendexを使うが、あるファイルのコンパイルでハングアップした。そこでmakeindexに戻すと正常動作する。よく分からない。この画像ではmendexになっているが、makeindexに戻した。






4. 私のビルドの設定






これでLaTeXが快適に使えるようになる。もっと良い設定が見つかれば、修正する。とりあえず、緊急報告。









TexStudioでページをランドスケープにする方法。


\documentclass[a4j, landscape]{jarticle}

\usepackage{rotating}


たったこれだけでPDF Viewerが横向きになる。

2016年11月4日金曜日

東海自然歩道 --京都南部 Tokai Long Distance Nature Trail --- south sections of Kyoto ---












大津から出発、奈良を目指したが、途中で嫌になり、月ヶ瀬で終了にした。舗装路中心でトレイルは荒廃し、アップダウンが激しい。交通量の多い道もあった。寝場所を見つけるのも難しい。印象的だったのは、ゴミの不法投棄が多く、道の周りを金網で囲んだ場所があったこと。立派な運動公園は休業中で閉鎖で利用できなかった。京都の行政に疑問を感じた。

I intended to walk from Ootsu to Nara, but I gave up at Tsukigase. The most of trail was paved, the remaining was ruined, heavy ups and downs. There are sometimes heavy traffic road. I felt difficulty to find a campsite. I was impressed that the illegal trash was cast into the valley, and the forest road was surrounded by the fence.There is a huge sports facility in a small town, which was closed. I cannot use it. I doubt the administration of Kyoto.